Author bio

Sui Ishida

Sui Ishida - book author

Also known as 石田スイ.

Sui Ishida (石田スイ, Ishida Sui), born December 28, Fukuoka Prefecture, Japan, is a Japanese manga artist
In 2010 he won the Young Jump 113th Grand Prix award with Tokyo Ghoul (東京喰種, Tōkyō Kushu). In March 2011, the same oneshot was published in the 2nd Issue of Miracle Jump. And later in September 2011, Tokyo Ghoul started as a series in Weekly Young Jump 2011-41 Issue. In December 2011, he made another oneshot about Rize that was published in December 2011 in Miracle Jump 6th Issue, which was later collected in the 6th volume of Tokyo Ghoul.
In 2013, he also started Tokyo Ghoul: Jack in the digital magazine Jump LIVE.

Sui Ishida is his penname; nobody knows his real name or what he looks like.

Sui Ishida is the author of books: Tokyo Ghoul, Tome 1 (Tokyo Ghoul, #1), 東京喰種トーキョーグール 2 [Tokyo Guru 2] (Tokyo Ghoul, #2), 東京喰種トーキョーグール 3 [Tokyo Guru 3] (Tokyo Ghoul, #3), 東京喰種トーキョーグール 4 [Tokyo Guru 4] (Tokyo Ghoul, #4), 東京喰種トーキョーグール 6 [Tokyo Guru 6] (Tokyo Ghoul, #6), 東京喰種トーキョーグール 5 [Tokyo Guru 5] (Tokyo Ghoul, #5), 東京喰種トーキョーグール 7 [Tokyo Guru 7] (Tokyo Ghoul, #7), 東京喰種トーキョーグール 8 [Tokyo Guru 8] (Tokyo Ghoul, #8), 東京喰種トーキョーグール 11 [Tokyo Guru 11] (Tokyo Ghoul, #11), 東京喰種トーキョーグール 9 [Tokyo Guru 9] (Tokyo Ghoul, #9)


Author books

#
Title
Description
01
À Tokyo, sévissent des goules, monstres cannibales se dissimulant parmi les humains pour mieux s’en nourrir. Étudiant timide, Ken Kaneki est plus intéressé par la jolie fille qui partage ses goûts pour la lecture que par ces affaires sordides, jusqu’au jour où il se fait attaquer par l’une de ces fameuses créatures. Mortellement blessé, il survit grâce à la greffe des organes de son agresseur… Remis de son opération, il réalise peu à peu qu’il est devenu incapable de se nourrir comme avant et commence à ressentir un appétit suspect envers ses congénères. C’est le début d’une descente aux enfers pour Kaneki, devenu malgré lui un hybride mi-humain, mi-goule.
02
「喰種」の内臓を移植され、徐々に怪人へと近づいてゆくカネキ。葛藤の中、「あんていく」で働くことを決意したカネキの前に、“白鳩(ハト)”と呼ばれる「喰種捜査官」が現れる。天敵は貪欲に、狡猾に、「喰種」を追っていた──!
03
天敵“白鳩"に両親を殺害された少女・ヒナミ。悲劇の少女の為に、“白鳩"の本拠地[CCG]へカネキとトーカは足を踏み入れる。そこには、受け入れざるを得ない悲しみの螺旋階段が待ち受けていた──!
04
「喰種捜査官」との一戦を終え、世界の闇を垣間見たカネキ。人間と喰種。それぞれの声でざわめく「あんていく」に、“美食家”喰種・月山が現れる。未知なる味を追求する月山の目に、カネキが怪しく映る時、晩餐の幕が上がる――!
05
"組織化された喰種たちが、「CCG」を潰そうとしている──!" 不穏な動きを見せる「11区」。そこは、リゼが元いた場所だった。おぞましい計画を万丈から告げられたカネキの下に、リゼを追ってきた「11区」の刺客が現れる。「アオギリの樹」を名乗る喰種集団の真の目的とは──!?
06
「未知なる味」を探求する"美食家"喰種・月山の執念。「晩餐」は終わっていなかった。迫り来る月山と対峙するカネキ、ニシキ、そしてトーカ。自らの欲を最優先し、牙を剥く怪人に大苦戦する中、カネキに舞い降りた"閃き"とは…? そして、「CCG」にも新たなる動きが…!?
07
“カネキくんには もう会えないと思ったほうがいい” 芳村から衝撃の発言を受けてカネキ救出のために“11区”へ向かうことを決意した「あんていく」の面々。 一方、激化する「アオギリの樹」と〔CCG〕の抗争を余所に、ヤモリに拘束されたカネキ。そこに、この世のものとは思えない残酷な仕打ちが待ち構えていた──!
08
“やり残したことが出来ました”。“喰種”に目覚めたカネキの先に、トーカとアヤト。瓦解する霧嶋家のシルエット。そして、突然姿を現した“梟”と臨戦態勢に入る〔CCG〕。おぞましい「武器」と、尽きない「謎」が複雑に絡み合う三つ巴の戦いの先に待つものとは…!?
09
「僕の邪魔をするやつはみんな…摘まなきゃ」人間を捨て、「アオギリの樹」への協力を宣言した、元〔CCG〕解剖医・嘉納。そして、四方に攫われた、リゼ。理解不能の現実の連鎖に、我を失ったカネキは"半赫者"へと姿を変える。暴虐の限りを尽くすカネキを前に、善戦する篠原特等捜査官と〔CCG〕は、ついに「SS級配置」を取る。"喰種"×〔CCG〕、頂上決戦の行方は…!?
10
11区での抗争から半年──。「アオギリの樹」討伐の功績が認められ、続々と昇任する捜査官たち。上等捜査官となった亜門鋼太朗は、長らく不在だった相方として、かつての上司・真戸呉緒の娘・暁を迎える。一方、「あんていく」を離れたカネキは、リゼの足跡を辿り、過去を紐解いてゆくために、月山、万丈らと共に、新天地「6区」へ。交わらない2つの線が導く“ある焦点"とは──!?